尾花友久展ー小さくなって考えたことー Tomohisa Obana Solo Exhibition

   宵/2018年/17×16×29cm

尾花友久展ー小さくなって考えたことー Tomohisa Obana Solo Exhibition

2019.3/2[土]ー3.10[日]

12:00-19:00※最終日は18:00まで

wad+

 

僕が知る作家の中で一番やきものに対してピュアであり、生き方に対し誠実な人間です。その為、自分の作品と人、場所、意味の接点や在り方を考えすぎ一時は土も触れないという苦悩の日々を過ごしました。

器の先には使う人がいて、使う場所があり、個展をするにはギャラリーがあり、見に来る人がいる。

どの場面にも作品の向こう側に人間がいるので、分かってもらいたい、何かを伝えないといけないなどというプレッシャーがのしかかっていました。不器用な彼にはとても困難であったと思います。

2年ぶりの今回の個展には在廊しないで良いという条件付きの展示にしました。

人との接点を閉ざし、自分の内にこもって作り込んだ作品をご覧いただけます。

僕は彼のやきものの技術、知識、感性には一目置き、僕自身も尾花友久の作品のコレクターです。ぜひ沢山の方々にご覧頂けたらと思います。

店主小林剛人

 

壁/2018/12×6×20cm

 

フクロ/2018/13×12×6cm

渇/2018/31×31×5cm


2019年02月14日 | Posted in exhibition, wad+ | | No Comments » 

関連記事