急須を育てる

IMG_7121 2

急須を一つ持てばいい。

ペットボトルとは違い、味はもちろん、大切な時間や人とのコミュニケーションを生んでくれるでしょう。

自分のお気に入りの急須を大切に育ててみましょう。

使った分だけ、茶渋が付いて自分だけの愛着のあるアイテムとなると思います。

すると急須を使いたくなり美味しいお茶を探してお茶を知るでしょう。

 

という事で久々に急須を入荷しています。

 

IMG_7134 2

 

三重県伊賀で作陶している安永正臣さんの急須たちです。

wad で使っている急須の大半は安永さんの作品たちです。

薪の窯で焼かれる南蛮の急須たちは全て一点もののデザインと形、焼きをしています。

”これや!!”と思うものがあればぜひ手に入れて頂きたいと思います。

今回入荷の作品は今までの南蛮の作品とは土が異なり、また少し違った風合いに仕上がっています。

今回も伊賀の工房に足を運び数点セレクトしてきました。

 

IMG_7131 2

 

多分一生飽きずに使い続けれる作品だと思います。

店頭には並べていませんので、気になる方はスタッフまで問い合わせください。

 

IMG_7123 2

 

安永正臣 南蛮急須  各 12,000円(税別)

IMG_7125 2


2015-02-27 | Posted in ceramic select, 日々のことNo Comments » 

関連記事