新茶試飲会2016

IMG_6592

 

新茶試飲会2016年

今年も新茶の季節になりました。今回は静岡の牧之原でお茶農家の3代目として釜炒りの茶を製造されている柴本俊史さんを迎えて、wadでもご用意させていただいているこってり味釜茶2015年と2016年(新茶)と香り美釜茶(烏龍茶)の3種類の飲み比べを行いたいと思います。
日本茶のほとんど(95%)が蒸し製の為あまり釜炒りのお茶のイメージが湧かないとは思いますが、中国茶に近いお茶といえばわかりやすいと思います。
収穫した茶葉をしばらく静置後1回5-6kgを300-450度の鋳物製丸釜で炒りながら作るお茶です。普通は蒸気で蒸して作る蒸し製緑茶が多いです。蒸し時間が長いものが深蒸しといいます。
世界的に飲まれてる緑茶は釜炒り緑茶です。
緑茶=釜炒り茶=中国。蒸し製煎茶=日本茶との認識が世界の主流になっています。
世界標準の緑茶は釜炒り緑茶なのです。
なぜ日本が蒸し製か?だしの文化や刺身によく合う。釜炒り茶はパスタやラーメン、ハンバーグなど中華や洋食によく合います現代人に求められているのはサッパリした飲み口の釜炒り茶なのではないでしょうか。
ぜひこの機会にお茶の生産者にいろんなお話を聞いていただけたらと思います。
wad店主

 

新茶飲み比べ会

2016.5.30(月)
19:00~(約1時間30分)
参加費2500円(お菓子付)
@wad cafe

 

飲み比べ茶
1、こってり味釜茶 緑茶(2015年製)
2、新茶こってり味釜茶 緑茶(2016年製)
3、香り美 釜茶 烏龍茶(2015年製)

一人一つずつ急須を使いお茶の飲み比べを3種していただきます。

 

申し込みはお電話のみ受け付けさせていただきます。

wad

06-4708-3616

までよろしくお願い致します。

 

 


2016-05-04 | Posted in work shop, 日々のことNo Comments » 

関連記事