ceramic repair

 

wad ceramic repair ~金継ぎうつわの修理~

器を末永く使って頂くため、金継ぎ、銀継ぎによる修復を承っております。
金継ぎとは、器の割れや欠けを主に漆を用いて接着・穴埋めし、
最後にその傷口を金粉で覆う修理技法です。

器の修復には様々な方法があります。ご相談いただけたらと思います。

簡易の金継ぎ教室も開催しています。器あそびが出来るようにご自身で治されることもおすすめしています。

 

 

簡易金継ぎ、簡易銀継ぎ・・・

合成漆と真鍮を使った独自の修理法で簡易金継ぎを行い、

料金を本金継よりお手頃にして飲食店様や、器を大切に使われている方々にご利用して頂けるようにしています。

普段使いに気に入った器や、思い入れのあるものを大切に使って頂きたいという想いで治しています。

今まで欠けて使わなくなっていたこだわりの器などをリメイクして長く使って頂けるように修復致します。

1cm以内の傷  650円
1cm以上の傷  650円~ (大きな割れは見せて頂き金額を提案させて頂きます。)

 

 

 

 

本金継ぎ、本銀継ぎ・・・

日本で古来から行われている、本漆と純金、純銀を用いた金継です。

美術品や、骨董品など価値のあるものは純金で治される事をオススメしています。

金額は純金の時価で変わる事がありますので、ご相談下さい。

治すものによっては、漆仕上げなど様々な技法があります。

 

一度店頭までご持参下さい。お見積もりさせて頂きます。詳しく知りたい方は気軽にお尋ね下さい。

*現在の納期は簡易継ぎで4ヶ月、本金継ぎで6ヶ月頂いております。

 *メールでのお問い合わせの場合、パソコンとの相性で返信ができない場合があります。お電話でお問い合わせ下さい。